お水のお仕事について理解を深めてわかること

豪額なキャバクラバイト

キャバクラでのバイトを始めようと思ったきっかけは、今まで働いていた会社の給料が下がったことです。来月の家賃の支払いにも困っている状態だったので、即採用の求人で尚且つ日払いでお給料をいただける所はキャバクラのバイトしかありませんでした。お酒は飲めなかったのですが、面接担当の方が無理しなくても良いと言ってくれたので、その言葉に甘えてバイトに応募した日の夜から働き始めました。想像していた仕事内容とは違い、その日は常連のお客様への簡単な自己紹介で終わりました。何日か働いてみて、お酒を一緒に飲むだけではなく、自分の話を聞いて欲しいというタイプのお客様も多いということも初めて知りました。お酒は飲めずに申し訳ない気もするのですが、お客様との会話をいつも楽しませていただいてます。嫌々な気持ちで始めたバイトですが、今では食事を誘ってくださるお客様も何名かいて、夜だけではなく日中も楽しい時間を過ごしています。